バークチップを買ってきた♪

20161203-2

以前から頭を悩まされている侵入者の対策として、バークチップ(ウッドチップ)を買ってきましたー。

バークチップ(ウッドチップ)
木材を破砕した製造物。製造法には切削、クラッシャー、パンチングなどの製法がある。細かいチップだけでなく、用途によっては、細長い木くずなどを入れることもある。材料になるのは、桜、ヒバ、杉、ヒノキ、広葉樹などであり、ガーデニング資材、ドッグラン、製紙材料、バイオマス燃料、燻蒸などに用いられる。木材加工の際の端材や剪定くずのリサイクル利用のほか、小径木や間伐材をバージン材として利用する場合もある。なお、C/N比が高く植物の窒素飢餓を招くため、マルチング材として利用することで雑草の発育抑制には効果があるが、肥料や土壌改良材には向かない(詳細は堆肥化を参照のこと)。樹皮(バーク)からガーデニング資材、マルチング材として製造される物は、バークチップス(Bark chips)または、バークマルチとも呼ばれる。
出典 : Wikipedia

これから冬に向かうので、いろいろと対策を。

マルチング

マルチングとは、ハーブを植えた土の上をバークチップ(ウッドチップ)で覆うことによって、
1.寒さをしのぐ
2.ハーブの根を乾燥から守る
3.温度の急激な上昇・下降を防ぐ
のだそうだ。

雑草対策

バークチップを敷き詰めることによって、雑草も繁殖しにくくなるそう。

なによりもニャンコ対策

そう。ウチの場合は、丁度良い感じの砂場となっていたので、近所のニャンコのトイレと化していました。
ハーブは直接被害はありませんでしたが、周りが掘り返されたり、お土産が置いてあったり(笑)
これでトイレにならずに済むかな?

20161203-5

ハーブの緑が映えて素敵になりましたよ。

2,784円なり〜

今回は、近所のホームセンターで1袋928円で購入。
サイズも悩みましたが、「S」サイズに。
結局3袋必要でした。

ネットで購入したら、もっと安くあがったかも。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で